e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

一番やさしい アドセンス ウィジェットで広告を設定して貼る方法

THE THOR(ザ・トール) でアドセンスコード(広告)をウィジェットで設定して貼ることができる

この記事のとおりに操作するだけで、THE THOR(ザ・トール)でアドセンスコード(広告)ウィジェットで設定して貼ることができるように工夫しています。

 そのため、他のどのサイトよりも、一番やさしい解説となっています。

「Googleアドセンス」広告をブログサイトに入れる際アドセンスコードを貼っていきます、どこに?どうやって?と迷ったら参考にしてみてください。

ウィジェットで設定して貼る

早速、ウィジェットで広告を貼る方法を解説します。

 THE THOR(ザ・トール)には広告ウィジェットがあるのでこれを使って好きな場所に広告を設置することができます。

 非常に簡単でおすすめです。

WordPressのダッシュボード→「外観」→「ウィジェット」をクリック。

左側にある「利用できるウィジェット」の中の「[THE]広告」▼をクリック。

広告を挿入したい場所を選び「ウィジェット追加」をクリック。

アドセンス広告をウィジェットで貼り付け

投稿ページ上部エリアにした例です。広告タグ:の所にアドセンス広告コードを貼ります。

 いろいろ試してみてください。

タイトルは「広告」若しくは「スポンサーリンク」と入力してください。

 背景スタイルは無効にチェックがおすすめ。チェック外すと広告の部分の背景に灰色になります。お好みでどうぞ。

アドセンス広告をウィジェットで貼り付け2

完了を押して設定完了です。

下画像の様に表示されると思います。

ザ・トール アドセンス広告をウィジェットで貼り付け3

 私のブログでは基本背景が白なので背景無しの方が記事に溶け込みました。いかがでしょう。

 この広告はディスプレイ広告の横長タイプで作成しています。

まとめ

 ワードプレス有料テーマ、THE THOR(ザ・トール)のウィジェットで広告を設定して貼る方法について今回説明しました。

【関連記事】

【2020年夏最新版】「もしもアフィリエイト」の始め方!

一番やさしい アドセンス インフィード広告を設定して貼る方法

一番やさしい アドセンス 自動広告設定方法

完璧 ads.txtファイルの正しい設定方法 XSERVER編 GoogleAdSense からの要注意- に対応

一番やさしい アドセンス 申請コードの貼り方 THE THOR 編

一番やさしい Googleアドセンスに新しいサイト(ドメイン)を追加する方法

一 番やさしい WordPress お問い合わせフォーム設定方法 THE THOR 編

デザイン着せ替え機能 実行時の タイムアウト系エラー 対処法 THE THOR 編

一番やさしい WordPress パーマリンク設定方法 THE THOR 編

最新情報をチェックしよう!