e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

一番やさしい アドセンス インフィード広告を設定して貼る方法

インフィード広告とは、記事の中に入り込んだ広告のこと

 インフィード広告はトップページの記事と同じように広告を表示させることが出来ます。記事のサムネイルの中に広告を紛れ込ませることで、 より自然に広告に目が留まり収益性を高めることが期待できます。

 今ご覧いただいている当ブログのHOMEでもインフィード広告を設定しています。実際の広告がどのように表示されているかを確認できるので、参考にしてみてください。

インフィード広告のコード取得方法

Google AdSenseの管理画面より「ホーム」→「広告」→「広告ユニットごと」へ進みます。

「広告」

「広告ユニットごと」

新しい広告ユニットの作成 「インフィード広告」を選択してください。

 自動で広告スタイル作成するにチェックをいれて、自分のブログのHOMEのURLを入力し、広告を作りたいデバイスごとに(パソコンまたはスマホ)に設定して『ページをスキャン』します。

ページスキャン中となり1分ほど待ちます。

 下図のように広告表示したい場所を選ぶ画面になります。
 オレンジの点線が選択中の記事、その場所に表示されます。

「広告ユニット名」の欄に任意の名前(例:インフィード広告(PC版))を入力 → 「保存してコードを取得」

 表示されたコードをWordPressへ設定します。

広告ユニットのWordPrssへの設定方法

「外観」⇒「カスタマイズ」⇒「広告設定[THE]」へ進みます。

アーカイブ用広告設定

アーカイブ用広告なのでブログトップページの広告を指しています。
設定項目は下記の通り、レイアウトごとの表示です。
さきほど取得した『インフィード広告』のHTMLコードを貼り付けます。

<設定項目>
・ワイドレイアウト用(PC版)
・カードレイアウト用(PC版)
・ノーマルレイアウト用(PC版)
・ワイドレイアウト用(スマホ版)
・カードレイアウト用(スマホ版)
・ノーマルレイアウト用(スマホ版)

自分のブログのレイアウトが不明な場合の確認方法

 どの入力項目に設定すれば良いかは、現在ブログの表示になっているレイアウトのみで良いかと思います。今自分がどんなレイアウトを使っているか不明な場合は下記の手順で確認できます。

「外観」⇒「カスタマイズ」⇒「アーカイブページ設定[THE]」⇒「コントローラー設定」
『レイアウト切替ボタンの設定』

まとめ

 ワードプレス有料テーマ、THE THOR(ザ・トール)のウィジェットで広告を設定して貼る方法について今回説明しました。

【関連記事】

サイトがGoogleの検索結果に表示されない時の原因と対処法

2020 Google検索 対応 混合コンテンツ対策

一番やさしい アドセンス ウィジェットで広告を設定して貼る方法

一番やさしい アドセンス 自動広告設定方法

完璧 ads.txtファイルの正しい設定方法 XSERVER編 GoogleAdSense からの要注意- に対応

一番やさしい アドセンス 申請コードの貼り方 THE THOR 編

一番やさしい Googleアドセンスに新しいサイト(ドメイン)を追加する方法

一 番やさしい WordPress お問い合わせフォーム設定方法 THE THOR 編

デザイン着せ替え機能 実行時の タイムアウト系エラー 対処法 THE THOR 編

一番やさしい WordPress パーマリンク設定方法 THE THOR 編

最新情報をチェックしよう!