e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

迎賓館赤坂離宮 本館・庭園 参観ガイド & 体験レポート

迎賓館赤坂離宮

一般公開が再開されました(5月29日~)

 迎賓館赤坂離宮では、5月25日(月)の緊急事態宣言の解除を受けて、6月1日(月)より人数を限定した事前予約制による本館及び庭園(前庭及び主庭)参観を実施しています。

 次の該当者は参観をすることが出来ません。
– 咳や発熱など風邪の症状、息苦しさや強いだるさなどがある方。
– マスクの着用をされていない方。
– 過去2週間以内に海外・感染が引き続き拡大している地域への訪問歴がある方。

事前予約制による本館及び庭園(前庭及び主庭)参観

開催期間令和2年6月1日(月)から
参 観 料一般:1,500円、大学生:1,000円、中高生:500円、小学生以下:無料
※大学生、中高生は、生徒手帳、学生証をお持ちください。
※有効期間内の身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳又は被爆者健康手帳をお持ちの方と付添人(1名まで)は参観料金が免除となります。当日、ご提示ください。
※当館では現金のみ承ります。
参観方法事前予約
(1)申込期間
①令和2年6月1日(月)から9日(火):令和2年5月27日(水)から30日(土)に事前予約を受け付けます。
②令和2年6月11日(木)から18日(木):令和2年6月5日(金)から8日(月)まで事前予約を受け付けます。
(2)参観者の決定:申込期間終了後に抽選で決定し、申込期間終了翌日から当選者には電子メールにより参観証をお送りいたします。残念ながら抽選から漏れた方にも御連絡いたします。
申込期間終了後定員に達しなかった場合又はキャンセルが発生した場合は、先着順で参観者を決定いたします。(前日の正午まで)
※定員に余裕がある時間帯は、当日受付で参観できます。
(3)申込可能人数:1名から4名まで
※受付付近にて、参観者の氏名と緊急連絡先を登録願います。登録いただいた情報は必要に応じて保健所等に提供する場合がありますので、ご了承願います。
(4)来館時間: 10:00、10:30、11:00、11:30、12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00、15:30の計12回
※来館後、手荷物検査・チケット購入等を行っていただいた後に案内を開始いたします。
(5)定員:各時間定員20名
(6)参観順路:本館→庭園(前庭及び主庭)
注意事項○国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により中止となる場合があります。その場合は、速やかにHP等で公表します。
○入場時に金属探知器による身体検査及び手荷物検査を実施します。
〇館内の写真撮影はできません。外観の写真撮影は可能ですが、業務用大型カメラ及び三脚・脚立・自撮棒等の撮影補助機材の持ち込みはできません。
○その他、詳しくは館内での禁止事項、注意事項等のページで御確認ください。

2020年1月から3月までのイベント

迎賓館赤坂離宮特別展~1964年東京オリンピックがつくられた場所~(歴史と写真展)」

 令和2年1月16日(木)から3月10日(火)(予定)まで、「迎賓館赤坂離宮特別展~1964年東京オリンピックがつくられた場所~(歴史と写真展)」という特別展を行っており、参観料金が通常とは異なります。

開催期間令和2年1月16日(木)から同年3月10日(火)(開催期間が短縮される場合あり) 
※ただし、毎週水曜日は休館日
公開時間10時~17時(最終受付16時、庭園のみ参観は16時30分まで受付)
参 観 料【本館・庭園】
一般2,000円、大学生1,500円、中高生500円、小学生以下 無料
※団体料金の適用はありません。

【和風別館・本館・庭園】
一般2,500円、大学生2,000円、中高生700円※小学生以下はご参観いただけません。

【和風別館・庭園】
一般1,500円、大学生1,000円、中高生500円※小学生以下はご参観いただけません。
※参観料お支払い時に本館を参観しないコースを選択していただくことが可能です。

【庭園】 一般300円、大学生以下 無料

※大学生、中高生は、生徒手帳、学生証をお持ちください。
※有効期間内の身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳又は被爆者健康手帳をお持ちの方と付添人(1名まで)は参観料金が免除となります。当日、ご提示ください。
※当館では現金のみ承ります。

2019年11月から1月までのイベント

天皇陛下御即位慶祝行事として祝賀御列の儀で使われたオープン・カーを展示

 迎賓館赤坂離宮では、天皇陛下御即位慶祝行事として11月10日(日)の祝賀御列の儀で天皇皇后両陛下が乗車されたオープン・カーを11月28日(木)から1月5日(日)まで前庭の車寄せに展示いたします。

冬のガーデンカフェ・夜間公開について

令和元年12月22日(日)から24日(火)までの間、迎賓館冬のガーデンカフェ・夜間公開を開催します。
 この時季に合わせて、前庭のキッチンカーではホットワインやココアなどの温かい飲み物と軽食を提供します。本館を眺めながらのお食事をお楽しみください。また、記念品を販売する店舗ではシュトーレン等の季節の焼菓子もご用意いたします。
 期間中、公開時間を20時まで延長し、毎日17時から本館のライトアップを行います。

2019年10月のイベント

1日20食限定のアフタヌーンティーを提供

 前庭のキッチンカーで提供しています「アフタヌーン・ティー」について多数のお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
多くのご質問をいただいていることから、以下のとおり、お知らせいたします。ご参観を検討される際の参考になれば、幸いです。
また、前庭のテーブル・席について、通常は12セット48席、ガーデンカフェ時には25セット100席をご用意しています。

  1. 1日20食限定(売り切れ次第終了)
  2. 公開日は毎日販売しています。(荒天等により販売を中止する場合があります)
  3. キッチンカーの営業時間 10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
    本館・庭園参観の最終受付は16:00ですので、ご注意ください。
  4. 1セット 4,800円(税込)
    2人分の紅茶(ホット/アイス、複数の茶葉をご用意)
  5. ご予約はできません。
  6. その他、詳細についてはキッチンカースタッフにお問い合わせください。

2019年9月のイベント

迎賓館秋のガーデンカフェ(9/20〜23)

9月20日(金)から23日(祝・月)まで迎賓館秋のガーデンカフェを開催します。
 前庭でコーヒー、アルコールを提供するほか、日替わりのフードメニュー、その他チーズなど各種おつまみもご用意いたします。(ラストオーダー閉館30分前)

 夜間公開と本館のライトアップ

 9月20日(金)から22日(日)までは、公開時間を20時まで延長する夜間公開を行うとともに、毎日18時から本館のライトアップを実施します。

2019年8月のイベント

 本館のライトアップを実施

  8月10日(土)から12日(月)は、公開時間を20時まで延長する夜間公開を行うとともに、19時から本館のライトアップを実施します。

2019年7月のイベント

 エラールピアノ演奏会及び本館・庭園参観

 東宮御所造営時に羽衣の間に置かれるピアノとして購入され、戦後は皇居でも使用されたピアノを7月4日から開催する「朝日の間特別展」で展示します。

2019年6月のイベント

 正門外柵の東側の一部に仮囲いを設置

 6月12日(水)から9月25日(水)まで、工事に伴う調査を実施するため、正門外柵の東側の一部に仮囲いを設置します。

休館日

 原則、毎週水曜日は休館日です。

「迎賓館赤坂離宮」の沿革

かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所は、明治を迎え皇室に献上され、仮皇居などが設けられてきました。

この土地の一角に、明治42年(1909)年、東宮御所として誕生した日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋宮殿が、現在の迎賓館赤坂離宮の本館です。

創建から100年を迎えた平成21(2009)年には、本館、正門、噴水などが明治期以降の建物で初めて国宝に指定されました。

「本館・庭園」参観の概要

迎賓館赤坂離宮では、外国からの賓客の接遇に支障のない範囲で一般公開を行っています。 このページでは、「本館・庭園」参観についてガイダンスしています。

名称迎賓館赤坂離宮 本館・庭園(前庭及び主庭)
参観エリア 本館(羽衣の間、朝日の間、彩鸞の間、花鳥の間、玄関ホールなど)
庭園(前庭及び主庭)
公開時間10:00~17:00(最終受付16:00)
休館日:毎週水曜(5月1日は公開)
非公開日等お知らせ休館日の水曜日以外にも下記のとおり非公開日があります。
接遇等による非公開日(ホームページで既に公表されている日程):
 2019年10月09日 発表
迎賓館赤坂離宮の10月の休館日(予定)について、以下のとおりお知らせいたします。
◆10月2日(水) 
◆10月9日(水) 
◆10月16日(水)~23日(水)は国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により休館
◆10月30日(水) 
 ※10月24~28日※国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により、公開するか未定

 その他、急遽接遇を行う場合など、予定されていた一般公開が中止になることがありますので、その場合には別途お知らせいたします。

※ 非公開日については、必ず、参観ダイアル 03-5728-7788 もしくは 公式ホームページ でご確認ください。
参観料金 本館・庭園
一般:1,500円、大学生:1,000円、中高生:500円、小学生以下:無料
庭園のみ
一般:300円、大学生以下無料
※料金のお支払は現金のみです。クレジットカードは使えません。
※大学生、中高生料金適用には、生徒手帳、学生証が必要です。
※ 特別企画の実施などにより参観料金を変更する場合があります
参観方法 申込み不要
(20名以上の団体は事前予約可)
・当日受付
 入場口は、迎賓館西門です。
所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂2-1-1
アクセスJRで:中央線・総武線「四ッ谷」駅下車、赤坂口より徒歩約7分
東京メトロで:丸ノ内線「四ッ谷」駅下車、1番出口より徒歩約7分 、南北線「四ッ谷」駅下車、2番出口より徒歩約7分

※迎賓館には駐車場及び駐輪場はありません。公共交通機関をご利用ください。
問い合わせ先 参観ダイヤル 03-5728-7788

「迎賓館赤坂離宮」のマップ。四ツ谷駅利用が便利

行ってきました!
迎賓館赤坂離宮 本館・庭園 参観 レポート

「迎賓館」公式ガイドブック配布

 なんと、参観者全員にもれなく、下の写真のとおりに綺麗に装丁されたガイドブックが配布されます。参観料金に含まれているので、お得です! 33ページにわたって、カラー写真が満載で内容もゴージャス。

ガイドブックの表紙 

ボランティアのガイド付き

 羽衣の間、朝日の間、彩鸞の間、花鳥の間 などにそれぞれボランティアの方が1名以上配置されていて、口頭で詳しく説明してくれます。また、ご自身のペースで説明が聞ける音声ガイド(日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語)も1台200円で用意されています。

庭園から撮影した写真

 本館内は撮影禁止ですが、庭園からの撮影は自由です。本館、正門、噴水は国宝に指定されています。

正門の様子。参観時は、出口専用となっています。ちなみに入館は西門から。

西門から入ると、受付付近に写真の案内マップがあります。なお、受付の手前で手荷物チェックがあります。

本館の南側に主庭があり、その中央に位置するのが噴水です。創建当時からのもので、国宝に指定されています。

ギリシャ神話に登場する伝説上の生物「グリフォン(上半身が鷲、下半身がライオン)」。噴水塔の四方を守っています。

ちょうど満開の桜。前庭に春の彩を添えています。

いかがでしたか? 写真撮影が許可されているのは本館の外観と主庭・前庭の風景のみでした。残念ながら本館内は撮影禁止ですので、写真のご紹介は不可能です。しかしながら、参観をお考えの方にお役に立てるような情報は掲載できたと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事】

「ぼっかけまぜそば 神戸灘八」神田長田のソウルフードが赤坂にオープン

 クレジットカード (クレカ)特典に旅行パッケージ割引

  白金・高輪エリア おすすめ観光ランキング

 浜松町・愛宕エリア おすすめ観光ランキング

  皇居 一般参観(無料) 参観ガイド & 体験レポート

 令和 最新版 ハワイ アウラニ・ディズニー・リゾート 体験レポート

 「 青梅赤塚不二夫会館 」は、ギャグまんがの王様・ 赤塚不二夫 のテーマパーク!

 令和元年7月10日まで カナダ大使館 写真展 入館ガイド & 体験レポート

 豊川稲荷東京別院節分会 2019芸能人参加者一覧 & 参加レポート

 赤坂TBSオールスター感謝祭’19「赤坂5丁目ミニマラソン」 開催準備編

最新情報をチェックしよう!

東京のおでかけスポットの最新記事8件