e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.1】

「吸い取られていっているなぁ…」

 すい星のごとく全英女子の舞台に現れ、メジャー優勝をつかみとったその攻撃的なプレースタイルはもちろんのこと、つねに笑顔でラウンドする姿から現地メディアが“スマイルシンデレラ”の愛称をつけるなど、底抜けの明るいキャラクターでゴルフファンを魅了し続ける渋野日向子プロ。

 会見を開けば海外記者をも爆笑させた“渋野節”とはどんなものか⁉︎

 そこで今季のツアーで発されたものを、一つずつ紹介していきます。

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)第3日

2019年10月26日

    現在、チャージといえば、渋野日向子の枕詞。ところが、この日は71とサタデーチャージが不発に終わった。同組でプレーしたのは、首位に立ったテレサ・ルー。「(ルーは)バーディーが当たり前の印象でした。もう、ベタピンばかり。ロングパットが見事に決まるし吸い取られていっているなぁ…」

 アプローチが次々とピンによるテレサ・ルーの技術が凄すぎて、思わず渋野自身の運が全て、テレサ・ルーに吸い取られていっていると表現したもの。

 さすがシブコ! 渋野節は相変わらず切れ味抜群ですね!

渋野 日向子Hinako Shibuno  プロフィールPROFILE

 所属:RSK山陽放送

 出身地:岡山県岡山市

 生年月日:1998年11月15日 ※1998年度生まれの黄金世代

 契約

  クラブ:PING
  ボール:タイトリスト
  ウェア:ビームスゴルフ
  シューズ:ナイキ

 身長165cm

 体重62kg

 血液型AB型

 出身校岡山県作陽高等学校(岡山県)

 プロテスト合格日2018年7月27日

 入会日2018年7月28日(90期生)

 この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.5】

  メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.4】

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.3】

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.2】

 シブコがRSK山陽放送と最初に所属契約したわけ

 岡本綾子絶賛の“才女” 渋野 日向子 「モノが違うぞ」

 美人プロ 笠りつ子 暴言騒動の今

最新情報をチェックしよう!