e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

シブコがRSK山陽放送と最初に所属契約したわけ

今や、ノーベル賞受賞者吉野氏もしぶこを話題にするほどの有名人

 テレビのリモコンを押すと、「突然、しぶこさんと、聞こえてきたのでビックリ。しぶこって誰と思ったら、私のことでした」と渋野は話している。ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏の会見で、子どもたちへのメッセージの質問を受け、「最近では全英女子オープンゴルフで、しぶこさんが勝たれましたよね。日本が大騒ぎするような明るい話題で、子ども将来を決めるきっかけにしてもらうといい」と発言した。

 それを受けて、「ノーベル賞を受賞されるような方に、知っていただいていることはありがたいです」と、自身が感激の言葉をのべている。となれば、元気倍増。日本女子オープン最終日、チャージが不発に終わったことなど、「眠れば治ります。ご飯をたべれば治ります。それから、(ゲームの)どうぶつの森を始めました。心がいやされる」と、この日はご機嫌だった。

周りの人たちが『あの人、誰? 』

2019年7月25日、岡山空港のロビー。

 1人の女性が、30人ほどの見送りを受けて航空機で旅立とうとしていた。

 「大勢で見送っているから、周りの人たちが『あの人、誰? 』という感じで見ていたんですよね」と振り返るのは、岡山県岡山市に本社を置くテレビ局、RSK山陽放送株式会社の桑田茂・代表取締役社長。

 桑田社長以下、同社の役員・社員に見送られて旅立つその女性が、後に「スマイル・シンデレラ」と呼ばれることになるとは、そのとき誰が予想できただろうか。

きっかけはRSK社長がゴルフ好きだったこと

 8月のAIG全英女子オープンで、日本人女性として42年ぶりの海外メジャー大会優勝を果たした渋野日向子。初海外ツアーで初海外メジャー大会で頂点に立った。日本人女子のレジェンドたち、元全米賞金女王の岡本綾子や宮里藍ですら手に入れることのできなかったメジャーチャンピオンの称号。

 いまや一挙手一投足が注目を浴びるチャンピオンアスリートのキャップとキャディバッグには、緑と赤でデザインされた「RSK」のロゴが光っているのが目に入る。

 RSK山陽放送は今年2月に渋野と所属契約を結び、活動をサポートしているが、きっかけは、桑田社長がゴルフ好きであることだった。

 「私がゴルフと釣りが好きなので、日曜日の朝にゴルフの番組をやろうと提案したんです」

社長提案の『SUNDAYスマイルGOLF』が人気番組に

 その番組が『SUNDAYスマイルGOLF』と名付けられたのは、偶数だが、いまにして思えば暗示だったとも思える。現在も続く人気番組に最初に出演したのは、渋野と同じ岡山県出身のプロゴルファー・小橋絵利子で、のちにRSK山陽放送と最初に所属契約を結んだ選手となった。

高校時代「大人が相手でもしっかり会話ができる子」

 桑田社長が初めて渋野に会ったのは、作陽高校時代にRSK山陽放送を訪ねてきたとき。第一印象は「ニコニコ笑っていて、高校生だけど、大人が相手でもしっかり会話ができる子」だったが、一緒にゴルフをすると、能力の高さに驚かされたという。

 「最初に一緒にラウンドしたとき、渋野さんは5アンダーで回ったんです。当時は高校1年か2年でしたが、ドライバーがよく飛ぶし、アイアンもうまい。『すごい子だな』と思ったのを、はっきり覚えています」と語る。

「プロになったらウチ(RSK)に所属してね」

  その後も何度か一緒にラウンドした桑田社長は、軽い気持ちで「高校を卒業したら『SUNDAYスマイルGOLF』に出演してよ」「プロになったらウチに所属してね」などと話していた。卒業初年度、2017年のプロテストは不合格だったが、人づてに「キャディーをしながら練習を頑張っている」と聞いた桑田社長は、静かに動向を見守った。

契約当時はRSK社内でも無名な存在

 翌’18年、渋野はプロテストに合格。『SUNDAYスマイルGOLF』出演が実現し、今年2月には所属契約を結ぶことになったものの、当時は社内でも渋野のことを知る人は少なかったと桑田社長は振り返る。

 「多くの社員が『どんな選手ですか? 』と言っていました。もっとも、所属契約とはいえ、微力ながら応援したいと思ってのことです。ケガをせず、堂々とプレーしてほしいという思いだけでした」

プロデビュー翌年 5月にツアー初優勝、7月には2勝目

 契約を結び、桑田社長との2ショット写真とともに喜びのコメントをインスタグラムにアップした渋野は、5月にツアー初優勝、7月には2勝目を挙げる。

 「自分のことのようにうれしかったですね。数多くのプロがいる中で、デビューした年に優勝するとは」

 桑田社長は快進撃を喜びつつ、渋野の実力にあらためて驚いたという。

渋野 日向子Hinako Shibuno  プロフィールPROFILE

 所属:RSK山陽放送

 出身地:岡山県岡山市

 生年月日:1998年11月15日 ※1998年度生まれの黄金世代

 契約

  クラブ:PING
  ボール:タイトリスト
  ウェア:ビームスゴルフ
  シューズ:ナイキ

 身長165cm

 体重62kg

 血液型AB型

 出身校岡山県作陽高等学校(岡山県)

 プロテスト合格日2018年7月27日

 入会日2018年7月28日(90期生)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.3】

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.2】

 メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.1】

 W杯ラグビーブームで、中川家にオファー殺到

 岡本綾子絶賛の“才女” 渋野 日向子 「モノが違うぞ」

最新情報をチェックしよう!