e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

早田ひな 初V!石川に勝利し初優勝【卓球 全日本選手権】

  • 2020/01/19(日)
  • 2020/04/13(月)
  • 卓球

女子ダブルスとの二冠を達成

 天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会最終日の1月19日、女子シングルス決勝で早田ひな(19歳=日本生命)が、東京五輪代表の石川佳純(26歳=全農)をゲームカウント4-1で破って、悲願の初優勝。女子ダブルスとの二冠を達成した。

決勝は石川が5度目の優勝、早田は初優勝を狙う一戦だった

  サウスポー対決となった決勝で、東京五輪代表・石川佳純(26)=全農=を4―1で下した。早田と石川は全日本選手権で3年連続の対戦。一昨年は石川、昨年は早田が勝利していた。

 サウスポー同士の2人は前回大会のベスト16で対戦し、早田が4-1で石川を下している。この決勝は石川が5度目の優勝、早田は初優勝を狙う一戦だった。

 第1ゲームは早田が強烈な両ハンドで6-1としてから石川が小さな展開で7-8まで追い詰めるが、ここで緩めのバックハンドを使い石川の待ちを外した早田が11-7として先制する。

 第2ゲームは早田がバックハンドを主体に組み立てて優勢を築き、最後も石川のループドライブをバックストレートに跳ね返して11-9で連取し、第3ゲームも自在のサーブレシーブに加え、後陣からフォアドライブで得点するなど早田らしい規格外のプレーが出て11-4で圧倒する。

 第4ゲームも早田がリードするが、やや攻め急ぎやサーブミスが出て石川が逆転し、最後はバックの打ち合いを取った石川が11-9で取り返すが、第5ゲームは持ち前の両ハンドで早田が石川を終始リードし、石川は開き直ったような一発強打で迫るも届かず、最後は早田がバックハンドで11-8とし、ついに栄冠をつかんだ。

 2000年生まれの「黄金世代」の中で、伊藤美誠(スターツ)が2度、平野美宇(日本生命)が1度優勝している全日本をまだ獲っていなかった早田。未完の大器がとうとうそこに肩を並べた。

  目標としていた東京五輪代表を逃したが、再出発の舞台で五輪シングルス代表二人を撃破し、全日本の頂点に立った。

早田ひなのコメント

 (準決勝で勝った伊藤に)結果で恩返しできて良かった。伊藤選手は常にダブルスで組んでいて、試合のときはライバルとして美誠の存在があったからこそここまでこれた。これを糧にして頑張りたい。(決勝の)石川選手は何度も優勝を経験している選手。私はしっかり楽しむこと、初めて対戦する気持ちで向かっていった。(決勝は)むちゃくちゃ楽しかった。オリンピックには選ばれていないけど、2020年の1年のテーマは「挑戦」を掲げているのでいろんなことに向かっていきたい。

【全日本卓球選手権大会】
<女子シングルス決勝> スコア

早田ひな 4ー1 石川佳純
11-7/11-9/11-4/9-11/11-8

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

全豪OP初日 大坂なおみ、西岡良仁ら日本勢4名が登場

早田ひなが伊藤美誠に勝利して初の決勝進出【卓球 全日本選手権】

バドミントン 桃田 精密検査異常なしで退院 五輪へ意欲「1日も早く元気なプレーを」

伊藤美誠・森薗政崇組 最多タイとなる同一混合ダブルス3連覇

東京五輪の卓球ビデオ判定導入 伊藤美誠「人の目だけで100%は難しい」

石川佳純 敗戦も五輪出場確実

【卓球】オリンピックシングル争い! 石川と平野の「代表決定戦」

渋野日向子11位 五輪出場圏内 最新の世界ランキング

渋野日向子の2020年 東京五輪金メダル奪取計画とは?

【東京オリンピック】ゴルフの代表選手はどう決まる?

Tokyo2020(東京五輪)競技のスポーツクライミングとは

Tokyo2020(東京五輪)競技のスケートボードとは

MGC 23歳ニューヒロイン誕生 前田 穂南(天満屋)

最新情報をチェックしよう!