e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

プラチナ世代 安田&吉田&西村 2020年ツアーデビュー

2019年LPGAツアークォリファイングトーナメントファイナルステージ最終日

トップ通過は通算15アンダーのフェービー・ヤオ。

 2019年LPGAツアークォリファイングトーナメントファイナルステージ最終日が12月6日、埼玉県本庄市・こだまゴルフクラブ(6,472ヤード/パー72)で行われた。トップ通過は通算15アンダーのフェービー・ヤオ。2位は通算12アンダーで新人の安田祐香が入った。 

2020年第1回リランキングまでのツアー出場権を獲得したのは?

 賞金シードを失った木戸愛(3位)、東浩子(4位)、木村彩子(6位)、藤本麻子(8位)などが、2020年第1回リランキングまでのツアー出場権を獲得し、復活を期す。

2位でルーキーの安田祐香が、来季LPGAツアー前半戦の出場権獲得

 通算12アンダー、2位でルーキーの安田祐香(18=大手前大1年)が、来季LPGAツアー前半戦の出場権を決めた。30位以内で来季ツアー前半戦出場が確実になるこの最終予選会を実力通り、上位通過。渋野日向子ら黄金世代を追うプラチナ(ミレニアム)世代「2000年度生まれ)のエースが、満を持してプロの世界に殴り込む。

 最終18番はチップインバーディーで締めた。4日間連続アンダーパーのプレーを、「ピンチというピンチがなかった。貯金があり、楽な気持ちでプレーできました。今回はアンダーパーでプレーすることが目標。満足はしたいけど、これからが始まり」。淡々と語った。そして、「開幕戦まで2か月ある。よく食べて、トレーニングをして、特に腰回りなどの弱いところを強化したい。早く1勝したい。5年以内に米ツアーで戦いたい」と目標を定めている。

安田と同期で最終プロテスト合格の吉田優利もツアー前半戦の出場権をゲット

 一方、同期で最終プロテスト合格を果たした、吉田優利も通算2アンダー、20位でフィニッシュ。ツアー前半戦の出場権を手中にした。「オーバーパーを打たなかったのが良かった。日に日にショットの調子があがり、スコアを崩さなかったのが良かった」と笑顔の会見だった。来季の目標は、「賞金シードを獲りたい。将来は賞金女王、アメリカツアーで戦うことです」と意欲的だ。

同じくプラチナ世代・西村優菜は、5バーディー、ノーボギーの67で21位へジャンプアップ

 もうひとりのプラチナ(ミレニアム)世代・西村優菜は、5バーディー、ノーボギーの67をマーク。通算1アンダーで、48位から21位へジャンプアップした。「パッティングに悩まされ、第2日が終わり、もうダメかなぁと思ったけど、うまく調整することができた。きょうはショットの調子が良く、チャンスをたくさんつくれた」と満足そう。来シーズンは、「賞金シード権をとる。また、ショット力をつけ、パッティングでは、3‐4メートルのチャンスを決めることが課題です。オフは、1年間戦える体をつくりたい」と期待がふくらんだ。

QTファイナルステージとは

QTとはクオリファイング・トーナメントの略で、来季のツアーの優先出場権を決める予選会。30位以内に入れば来季ツアー前半戦の出場が、ほぼ可能になる。昨年、渋野日向子は4日間イーブンで40位。この成績により、19年開幕戦のダイキンオーキッド・レディースに出場できず第2戦からの出場となった。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

安田祐香 東急エージェンシーとマネジメント契約

【卓球】オリンピックシングル争い! 石川と平野の「代表決定戦」

渋野日向子が「炎の体育会TV」初出演

超美形ゴルファー 安田祐香 史上7人目のアマチュアVへ…

【東京オリンピック】ゴルフの代表選手はどう決まる?

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.8】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.7】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.6】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.5】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.4】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.3】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.2】

メディアを魅了する“渋野節”とは  【渋野日向子・語録集 vol.1】

シブコがRSK山陽放送と最初に所属契約したわけ

岡本綾子絶賛の“才女” 渋野 日向子 「モノが違うぞ」

最新情報をチェックしよう!