e-Tokyo2020は、東京のおすすめの観光スポット、グルメ、ヘルスUP、イベント情報など楽しく読める記事を提供します。

2020ルーキー “せごどん” ジャンボの弟子 西郷真央

女子プロゴルファー 西郷真央  Mao Saigo プロフィール

愛称は“せごどん”

 NHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年)から“せごどん”の愛称がつく西郷真央がプロデビュー戦のアース・モンダミンカップ 3日目(6月27日)(カメリアヒルズCC(千葉県)6622yd(パー72))で「67」で回り首位と3打差の2位につけ、プロデビュー戦で最終日最終組に入った。

 同じく今大会がプロデビュー戦の安田祐香や吉田優利らの一学年下。麗澤高校(千葉県)在学時の昨年、プロテストに一発合格した。

18歳の西郷真央はプロデビュー優勝ならず

 今年3月まで女子高生だった西郷真央は、プロテスト合格後の初戦で優勝となれば、ツアー史上初の快挙だった。最終日は「71」とスコアを1つ伸ばして、トータル9アンダーと健闘したが、優勝した渡邉彩香には2打届かず5位タイで大会を終えた。

1月1日からJLPGA会員となった92期生

 19年11月の最終プロテスト合格者は21人。総受験者数は647人で、実に30.8倍の難関だった。

花の高3トリオとは

 花の高3トリオとは (日本女子プロゴルフ協会)のプロテスト規定変更で、受験資格の年齢制限が引き下げられたことで誕生した現役女子高生プロのこと。トータル5アンダー・10位の西郷真央(麗澤高3年)、トータル3アンダー・13位の山下美夢有(大阪桐蔭高3年)、トータル1オーバー・28位の笹生優花(代々木高3年)の3人だ。 LPGA(日本女子プロゴルフ協会)のプロテスト規定変更で、受験資格の年齢制限が引き下げられたことで誕生した 。

5歳でゴルフを始める

  西郷がゴルフを始めたのは5歳。父と練習場へ。「何も考えずに、ただひたすら打っていた。上手くなりたいからーというよりも、練習が好きで練習していました」 

ジャンボゴルフアカデミーの1期生

 ジャンボゴルフアカデミーの1期生として昨年3月から師匠・ジャンボ尾崎のもとで腕を磨き、今年6月の「日本女子アマチュア選手権」を制した西郷真央。 あだ名のせごどんは、ジャンボから直々に命名された。 

 先月行われたプロテストはカットラインぎりぎりの「1オーバー」で合格。「最終ホールのパットが5メートルぐらいで、それを入れたんですけど、外していたら……怖かったなって思います(笑)」

 プロテスト‟ビリ合格“の西郷にとっては追い風となるデータもある。昨年までの過去4年間、同じようにプロテスト「最下位合格」だった先輩プロたちが、逆にツアーではその年の「トップ合格者」をさしおき、レギュラーツアーで初優勝を飾っているのだ。

 プロテスト最下位合格から一転、レギュラーツアーで飛躍し、初優勝を達成したのは15年合格の岡山絵里(18年『リゾートトラストレディス』)、17年合格の小祝さくら(19年『サマンサタバサ レディース』)、18年合格の稲見萌寧(19年『センチュリー21レディス』)。逆に過去4年のプロテストトップ合格者で、ツアーで勝利飾った選手はまだ出ていない。

高3年で日本女子アマ獲得

 千葉・麗澤高3年時に、日本女子アマのビッグタイトルを獲得し、最終プロテストへの道が開けた。「最初は実感がわかなかった。くやしい思いをたくさんしてきたので、やっと結果がでてホッとしました。勝ちたいというよりは納得するプレーがしたかった」と振り返った。

JLPGA会員のなかで最年少の現役高校生プロ

 21世紀生まれのプロが3人誕生。1147人いるJLPGA会員のなかで誕生日が最も遅い。山下美夢有、笹生優花とともにプロテスト合格者のなかでは最年少の現役高校生プロ 。 プラチナ世代の1学年下にあたる。「せごどん世代といわれるのは、同世代には申し訳ないです。だけどそういった名前で呼ばれるぐらい頑張りたい」と話す。

西郷真央がミズノと契約 2020年の目標は「最終戦出場」

 2019年プロテストに18歳で合格した西郷真央(千葉・麗澤高3年)が2月17日、東京・文京区のホテル東京ガーデンパレスで、ミズノと複数年の用品使用を含めたブランドアンバサダー契約を発表した。契約は今年2月1日から複数年。用具用品などを使用する。都内で行われた発表会で「ミズノの契約選手になれたことを本当に嬉しく思います。これからミズノアンバサダーとしてツアーで活躍できるように頑張ります」と笑顔を見せた。

 同社製のクラブを握ったのはゴルフを始めた5歳の時から。きっかけは父・雄史さんがミズノ製クラブを使用していたからだという。「父のキャディバックに大きくミズノのマークが描かれていて、それがかっこいいと思って」と憧れを持ったそう。現時点で、3月に発売される「ST200Xドライバー」をバッグに挿しており、「安定して飛距離が出るようになってきた。キャリーを入れて250ydほど。前年より10ydぐらい変わった」と話した。

 年末の最終予選会(QT)を10位で終え、第1回リランキングが実施される前の「大東建託・いい部屋ネットレディス」(7月23日~)までの出場権を手にしている。「まずは後半戦に出られるように前半戦でしっかりプレーして、一年間の目標としては来季のシード権獲得と、最終戦出場です」と抱負を語った。

LPGAツアー 2020年度

2020年8月16日更新 LPGA賞金ランキング対象トーナメント(LPGAツアー競技)

年間獲得賞金ランキング 6位 年間獲得賞金 ¥12,600,000

優勝回数 0  試合数 2

年間トップ10回数 2(1位)

2020年度出場資格 QTランキング10位

基本情報

所属大東建託
出身地千葉県船橋市
生年月日2001年10月8日
契約クラブ:ミズノ
ボール:ブリヂストン
ウェア:FILA
シューズ:ミズノ
身長158.5cm
体重57kg
血液型AB型
出身校日本ウェルネススポーツ大学在学中
プロテスト合格日2019年11月8日
入会日2020年1月1日(92期生)
ゴルフ歴5歳~
師弟関係尾崎将司
最終プロテスト受験回数1回
1W平均飛距離240Yards
趣味お笑い鑑賞
好きな色ピンク
目標とするプロゴルファー 不動裕理
プロテストに合格した感想 とても嬉しいです
今後の目標 粘り強くプレーをして、皆からあこがれる選手になりたいです。
自己PR アイアンショットの精度を生かしたゴルフをします。

2020年度ツアー成績

開催月日     大会名順位ScoreTotal  賞金
06/25-06/28アース・モンダミンカップ5T-9279¥8,640,000
08/14-08/16NEC軽井沢72ゴルフトーナメント5-10206¥4,000,000

2020年度記録

記録DATARANK
平均ストローク69.28572
パーオン率70.634936
平均パット数(パーオンホール)1.71917
平均パット数(1ラウンド当たり)27.57147
パーセーブ率91.26988
平均バーディー数4.42862

【関連記事】

19歳笹生優花「時代を変えていく選手が出てきた」岡本綾子氏

ミレニアム世代のエース・後藤未有 大東建託とスポンサー契約

【2019】LPGA最終プロテスト(91期生) 合格者一覧

“プラチナ世代”西村優菜がキャロウェイゴルフと総合用具契約

“黄金世代” 田中瑞希がキャロウェイと総合用具契約

2020ルーキー 1998年生まれの黄金世代 熊本県出身 田中 瑞希

2020ルーキー 日本生まれ・中国育ちの美人プロ セキ ユウティン

2020ルーキー フィリピン出身 プリンセス・スペラル

2020ルーキー 渋野と同じ黄金世代 宮崎日大高卒 中西絵里奈

2020ルーキー ゴルフ界のセクシークイーン アン シネ

2020ルーキー 「粘りが強み」のミレニアム世代 吉田優利

2020ルーキー 身長150cm・小さな大型プロゴルファー 西村優菜

2020ルーキー 宮田成華 美人すぎるプロゴルファー

2020ルーキー 山路晶 黄金世代の1人 プロテストは3度目で合格

LPGA 2017年度プロテスト合格者(89期生)一覧

LPGA 2014年度プロテスト合格者(86期生)一覧

最新情報をチェックしよう!